港区 白金高輪の心療内科・精神科|白金メンタルクリニックの一言日記

白金メンタルクリニック

一言日記 心の医者が読み解く今日の世相

  • メンタルヘルス 人事の皆様へ
  • ハラスメントと心の痛み
  • 当院の救急措置
  • 当院の検査
  • 訪問診療

患者の気持ち 3分でかかりつけ医を探せて相談もできる

連携医療機関:国立精神・神経医療研究センター

Doctor's Fileに今井院長が紹介されました


一言日記~ 心の医者が読み解く今日の世相 ~

(2017年11月24日 13:02)危機対応 ストーカーと不審者

不審な人への対策
 昨今、突然凶行に及ぶ事件が続発しています。そこで、心の角度からこの問題を見渡し自分でできる予測・回避について書き下してみましょう。さて、切れるという言葉。どうしても突発的凶行を想像しがちですが其れは少し違います。つきまとう、怒鳴る、無視する、触る、盗撮する,強要するなど、いわゆる何の前触れもなく行われ、それが触法行為にあたるケース,これがいわゆる切れると言う状態です。いずれも必ず予兆が伴うので、それを見逃さず、不幸な発展を阻止するためにも最大限の予測が必要です。例えば些細な兆候でも警察に早めに相談しましょう。学校のイジメ、雇用者双方による紛議、近所に変な人が、家族の態度が変わった。などは其の一例です。それは大げさだ!と放置し悲惨な事態に発展したケースは後を絶ちません。切れるとはその行動が突然理性の線を越えることで完成し、予測や対処を誤ると凶行の端緒ともなるからです。ついで私たちを訪ねて下さい。メンタルクリニックはソーシャルクリニック的な役割も担い持ち、その不安の解消に全力で取り組みます。

一、突然切れる人の特徴
① 特徴はありません。また、特徴や定型をつけるべきではありません。学術的な報告は多々ありますが、むしろ特徴を判断に特徴をウエイトすると心に基準といったマニュアルが形成され、柔軟な判断に期を逸してしまいます。故に、不審事象を前に、友人だから、親族だから、会社の関係だからは一切外し、全ては事実のみに添って白紙で臨みましょう。信頼とは人の言ったことに頼ると書きます。故に、いいかげんの極みです。信頼や信用にウエイトするから、悲惨な被害の抑止ができない。私たちは、個々の危機を包括的にとらえることで先ず信頼を排除。事実と対処で臨んでいます。

② 特徴にとらわれないで雰囲気を読む。
人はトラブルと幸せを行き来しながら生きています。そこで、何か不安だなと感じたら、まず周囲の雰囲気と照らし合わせてみましょう。例えば時間帯と今の居場所、通行人の服装と周辺環境のマッチングなどはその際たるものです。普段貴方が知る其の場と明らかに異なる様相を感じるので、直ぐにわかります。

そこで心理質問です。歩行中に貴方は不審な人が歩いているのをみたと過程します。次に、もし其の人の鞄から物が落ちた。それを見た貴方、自然に声をかけますか?それともためらいますか?何の根拠もないようですが、この時に感じる直感を決して無視しなさらないでください。一番最初のイメージは往々にして当たっているものです。あとに発生する思いや躊躇はトッピングでしかありません。

③ ノンアポ訪問
例え知っている人でもノンアポで来る人は不審者です。また、アポがあったとしても、その前に其の人と何か些細なトラブルがなかったかを振り返りましょう。一つでも気にかかれば、絶対に開けてはダメです。応答もしないようにしましょう。もし配達か書留なら、後からポストをみればわかるからです。くれぐれも服装や身分証明書を見て直ぐにドアをなんてことはしないでください。オートロックなら画面で応対すればという方もいますが、応対は呼応の反対語です。一度応対すると次のストーリーが待っているので、ノンアポ訪問は応対しないほうが無難です。

④ 尾行
まず、絶対に走らないことです。できる限り早く人通りの多い場所に出ましょう。また、普段からよく使う道では、電柱や、看板などの構築物にカメラらしきものがないか探しておくことも大切です。決して歩行中に携帯で110番するような行為は止めてください。尾行にはいくつかの目的が隠されています。いずれにしても徒歩の貴方に対し何らかのアクションを起こす前触れです。従って、貴方が走ったりあからざまに110番したりする行為は、相手に逃げるか、攻撃に転じるかの二者択一を迫ることになり危険きわまりありません。そこで冷静になり、コンビニやスーパー、商店などがあれば当然そこに入り、まずトイレに入って110番ですね。ただ、貴方と尾行者の間に面識がある場合、眼前で他人に事情を告げると却って激高させるので、これも環境への読みが大切となってきます。よく、コンビニや飲食店で刺されたなどは其の一例です。いわば毅然とした態度で臨む姿勢こそが、逆にとんでもない事態を引き起こすことから、新たな研究が待たれます。

⑤ 最適な防止策は??
警備会社と携帯電話特約を結びましょう。出動しなければ月々数百円程の金額です。また、ワンタッチダイヤルの登録で発信すると警備会社は確認電話をしてきます。若し貴方がこれに出なければ直ぐ110番といった付加特約をつけるのも忘れてはいけません。ワンタッチダイヤルは、携帯を耳に当てることなく、バックやポケットの中で操作します。誤操作防止のためパネルロックをしておきますが、普段から練習を積んでおけばパネル解除、ワンタッチ発信は難しいことではありません。GPSによる位置探知が働くので、相手に知られること無く警備会社や警察がかけつけてくれます。いわゆる、心のポケットを利用し、相手に警戒や緊張を与えることなく危機を乗り切る手段の一つです。

⑥ 不審車両
不審な車両が止っている。さて、この車に人が乗車しているか否かは関係ありません。車載ミニカメラを用い、そう遠くないところで遠隔モニタリングをしている可能性もあるからです。この場合、必ずパターンがあるので、いつ、どのような車が、どこの場所にといった具合に記録を採って行くことで、行動パターンの集積から、相手のおおよその目的まで見えてきます。警察や弁護士さんに相談し所有者を調べてもらう方法もありますが、だからといって所有者が貴方を見ている人とは限りません。また、携帯にも注意が必要です。時折画面の設定まで確認しておきましょう。勝手にブルートゥースやWiFiが接続状態になっている場合があるからです。電池の減りが早くても注意が大切です。これら手法は、行政各機関の捜査手法として用いられていますが、いまでは少しPCが扱えれば誰にでもできる極めて単純な手法だからです。このような行為も尾行に属するので些細な注意にも仔細な注意と警鐘を鳴らします。ひとたび尾行に気がつくと、著しい不安に襲われ、抑うつ状態や様々な心因症状を引き起こすことから、メンタルクリニックの解析の重要性は決して横におくべきではありません

日記一覧へ


  • Page Top