港区 白金高輪の心療内科・精神科|白金メンタルクリニックの一言日記

白金メンタルクリニック

一言日記 心の医者が読み解く今日の世相

  • メンタルヘルス 人事の皆様へ
  • ハラスメントと心の痛み
  • 当院の救急措置
  • 当院の検査
  • 訪問診療

患者の気持ち 3分でかかりつけ医を探せて相談もできる

連携医療機関:国立精神・神経医療研究センター

Doctor's Fileに今井院長が紹介されました


一言日記~ 心の医者が読み解く今日の世相 ~

(2017年11月28日 18:09)パワハラ自殺 其の防止に向けた意識転換

パワーハラスメントは双方自滅の第一歩
先ほど、他院の友人医師から連絡があり、かかりつけの方が、自らご不幸を選んだとのことでした。当院でも同様のご相談を抱えていて、その都度アドバイスをしていることを、かいつまんで記載します。大勢のご参考になるなら幸いです。

パワーハラスメント
 職場や学校は言うに及ばず、社寺仏閣から病院、役所、ボランティア団体にいたるまで、およそ人の集まるところ、必ずパワーハラスメントが発生します。また、それは洋の東西を問いません。パワハラの本質は自己正確の確信と身勝手の表れです。若し、怒りを少しでも静めることができたら、パワハラはウソの様に激減すると信じています。

● パワハラを鎮めるために
そこで、パワハラのプロセスを少し紐解いてみましょう。
1、 叱られる側⇒部下や同僚が失敗した⇒叱る⇒萎縮する⇒憤懣や反抗態度の発生⇒それを感じ目の敵にする。「あいつは相手にするな周囲と情報を共有⇒孤立により疾病や復讐へと変遷」

2、 叱る側⇒些細なことが思い出されて怒りがこみ上げてくる⇒最初は我慢しているが次第に其の許容範囲を超え瞬間湯沸かし器へと変化⇒自分は絶対正しいと思い込むことで心の許容を喪失「高血圧、心臓病、胃腸障害などの身体症状を引き起こし、心のゆとりと、相手への許容ができないと重篤な身体症状へと発展」=卒倒、吐血など命にかかわる

3、 修正に向けた再認識
部下や同僚が失敗した⇒
①子供じゃありません。失敗に気がつき叱られるのではとビクビクしています。
②其のビクビク、もう十分教育になってます。
③従って、叱る行為は、恐れる人を更に鞭打つに等しく可哀相なことです。
※ 叱る行為で周囲へ影響、業務効率の低迷を招きます
※ 失敗や錯誤は、叱るのでなく、一緒になってフォローし最短時間で立て直す。
よくやったと褒める、失敗は進歩への第一歩と励ますことで、育成へとつないでいく。

叱る傾向の方や怒り易い管理者の方に
① 職員がいるから、自分たちの生活があることを深く認識されてください。
※ 誰から給料貰っているのだと叱るなら、叱られる側は誰の努力で収入を得ているのですかと叫ぶでしょう。そう、職員なくして、今の生活も、車を買うことも、人より得られる名誉や地位も、全て職員の努力を地盤に成り立っていることを忘れないでください。そが故に職員を叱り付けても何の生産性もないばかりか、残されるものは、憤怒と反目、時間の浪費と生産性の低迷だけで何も進みません。また怒りは、自らが祟り神と化し、五臓六腑の隅まで食いちぎるでしょう。故に怒りを根に持つ人に胃腸系疾患や胸部、頭部への疾患が多いのは、全てこの理によるものです。また、この野郎とばかり部下に相手にしないよう呼びかけ、窓際族に追いやっても、貴方は何も得るものはありません。ただ唯一得るものは罪業です。やがて、貴方は、ご家族にまで怒りの矛先を向けるようになり、貴方の全てに渡って様々な不調が生まれます。なぜなら、貴方は部下や職員の努力の上に今の城があり、これを打つことは、自ら築いた築城の土台を自ら打ち壊すに等しい行為だからです。
自らの安寧を願うなら、まず部下や同僚を大切にしましょう。築城の石を見て下さい。たとえ他とは異なる不揃いな石があっても其れを抜く事はできません。アンバランスな形状も物理的均等を保っているからです。絶対に抜いてはだめです。敢えて祟りと書きましたが、自ら足元を崩した結果です

日記一覧へ


  • Page Top