港区 白金高輪の心療内科・精神科|白金メンタルクリニックの一言日記

白金メンタルクリニック

一言日記 心の医者が読み解く今日の世相

  • メンタルヘルス 人事の皆様へ
  • ハラスメントと心の痛み
  • 当院の救急措置
  • 当院の検査
  • 訪問診療

患者の気持ち 3分でかかりつけ医を探せて相談もできる

連携医療機関:国立精神・神経医療研究センター

Doctor's Fileに今井院長が紹介されました


一言日記~ 心の医者が読み解く今日の世相 ~

(2018年1月5日 13:20)神社の惨劇と負のスパイラル2

初詣
新聞を見ると例年に比べても初詣の参拝客が激減し、近隣の商店は困り果てていると書いています。縁起をかつぐ民族である以上 何とも言えない部分もあるのですが、心の豊かさという視点からみると果たして、本当に縁起がわるいのでしょうか?まず、貴方ご自身はどなたにお参りに行かれるのですか?そう問いかけてみましょう。自ずと答えが出てきます。神社仏閣は言うに及ばず、また洋の東西を問わず、人が管理する施設で人と人の血が流れるのは歴史が物語る真実です。無論、惨劇をあたりまえとする意味ではありません。むしろ、お参りするなら、その心をどこに向けるか?心に向かい合う医師として私は其のように問いかけます。少し歴史に触れてみましょう。明治新政府樹立前の官軍対幕府軍の戦いで神職が絡んだものに有名な田原坂の戦いがあります。王政復古と天皇新政を奉戴し新政府樹立に向け、官軍に組して幕府軍に斬り込んだ神職斬込隊は有名な話です。眼を洋に馳せば天主教の十字軍も、これまたあまりにも有名です。また、先の大戦では江東区の一部は焼土となり大勢の方が落命されました。無論神社も例外ではありません。敗戦による憤慨と悲観から自尽の場所に神社を選ばれた方もおられ、若し其れまで言及すれば行く先々全てが縁起が悪くどこも歩けなくなってしまいます。そんな昔のこと知らないよ。今、自分の行く場所のこと言っているんだよ。確かに、ごもっともで、また身近な事柄であることに間違いはないでしょう。然し、これには少し訂正が必要です。まず神が鎮まる場所が穢されても神が穢れているという思想はありません。これが心の肝どころです。私も初詣に行きました。そこに本殿に登殿されご祈祷を受けられている方々を何組も拝見いたしました。この方々は縁起云々よりも、新年をどのように過ごし、どのように向き合っていくか。その純粋な思いをして、ご祈祷を受けられておられます、そこには縁起も、溜まりも、穢れもなく、純粋だけが厳然として存在します。この純粋こそが最も浄いもので、如何なる穢れも純粋を犯すことはできません。もし、縁起が悪いとのお考えが先立つなら、それは神と人とのかけひきです。お参りする。だから幸せにして欲しい。お金出す。だから無病息災にして欲しい。そんなかけひきを、うまく表現できない人は、仕方なく縁起と言う言葉を用い、却って自らを縛ってしまい、不自由な自分を作り出しています。さて、心を解き放つことは精神医学の根本です。全てに拘ると苦悩といさかい、万病が訪れます。社寺仏閣へのお参り!貴方は誰に向かい合うのですか?神仏ですか?それとも人ですか?神仏は、そこを治める人の行いによって左右され、穢されるほど低くはないと信じます。神仏が存在するか否かの論議以前に、精神科医なら、まずこだわらない広い心をお薦めし、健康長寿の一助としていただくことも偉大な科学(神学)と信じます。

日記一覧へ


  • Page Top