港区 白金高輪の心療内科・精神科|白金メンタルクリニックの一言日記

白金メンタルクリニック

一言日記 心の医者が読み解く今日の世相

  • メンタルヘルス 人事の皆様へ
  • ハラスメントと心の痛み
  • 当院の救急措置
  • 当院の検査
  • 訪問診療

患者の気持ち 3分でかかりつけ医を探せて相談もできる

連携医療機関:国立精神・神経医療研究センター

Doctor's Fileに今井院長が紹介されました


一言日記~ 心の医者が読み解く今日の世相 ~

(2018年12月13日 12:32)広がる国際ロマンス詐欺

国際ロマンス詐欺 その1
 数年前より、人のあこがれを利用した国際ロマンス詐欺の被害が報告されるようになってきました。概ねロマンス詐欺は、面対面の交際からスタートし得るものを獲たら突然失踪と言うもので、概ね女性が被害者となっていました。
これに比して国際ロマンス詐欺は面対面の接触が極めて少なく、大半は国外のロマンスSNSなどで知り合い、通話や文面のやりとりで被害者のロマンス感情を深め、ある一定の感情に至ったとみるや、自らが危機的状況に陥ったことを伝え金銭を懇願してきます。既にこの時には、私が助けてあげないとといった慈愛が芽生えているため、何度か送金を繰り返し、何度もお金を送金してしまった後でおかしいと気がつきます。
 これは、すべての人がひとしく持つ、頼りたいという心への立ち返りを利用したもので、青年期の方よりも、どちらかと言えば壮年期の方に被害傾向の高さをみせます。また被害者の性別にあっても青年期に女性が圧倒的に多いことと比べ壮年期では年齢推移と共に男性の被害者が女性被害者の後を追う形で上昇し、70代前後にいたると、心の達観や幼少回帰に加え、将来への不安が拍車をかけるため、男女比率がほぼ平均化。ここに面対面の被害とは異なる特徴をみます。何よりも、ロマンス詐欺の被害者は日本のみならず欧米圏にも拡大しつつあることです。
●その原因:
主な原因はSNSの操作方法が簡便で高齢者でも一定の社会ステージにある方なら十分に使いこなせること。また、ネットインフラの普及で国境のボーダレス化が進み、誰でも、何所とでも画像のやりとりや、メールが可能になったこと。
其の影で密かに一躍かっているのに外国語機械翻訳があります。
●防止策の一例:
1、カメラオンで動画通話を求めてみましょう。また、その状態で付近の景色を見せてと語りかけるのも一つの方法です。
2、振込先が日本にある友人の口座にと言われた場合はOUTです。詐欺を自白
 したに他なりません。
※詳しくは書けませんが、ある一定額以上の外貨送金には、銀行に外貨調書作成が義務付けられています。そのため、振込み目的が正当な取引行為か否かを詳しく聞かれ、この回答が曖昧だと外貨送金は受けてくれません(特に中東と東部アジア)あなたの送ったお金が国際詐欺を装ったテロや反社会勢力への資金提供になっている可能性があるからです。いわば、テロを資金を調達するために詐欺を装い、装われた詐欺はロマンス詐欺に姿を変えたという二重詐欺という大変ややこしい問題になってしまいます。次項に続く
※仔細と実態はWEbもくぐってみてください。

日記一覧へ


  • Page Top