港区 白金高輪の心療内科・精神科|白金メンタルクリニックの一言日記

白金メンタルクリニック

一言日記 心の医者が読み解く今日の世相

  • メンタルヘルス 人事の皆様へ
  • ハラスメントと心の痛み
  • 当院の救急措置
  • 当院の検査
  • 訪問診療

オンライン診療「クリニクス」

患者の気持ち 3分でかかりつけ医を探せて相談もできる

連携医療機関:国立精神・神経医療研究センター

Doctor's Fileに今井院長が紹介されました


一言日記~ 心の医者が読み解く今日の世相 ~

(2019年6月13日 10:21)パーソナル障害

これまで当たり前と思われてきた貴方の行為。実はパーソナル障害かも知れません。当院でも肩上がりを見せているのが会社や組織、学校などにおけるパワーハラスメント相談です。そこで其の発端となる根底の共通点を調べたところ、いずれも下記の共通点がみられました。

1、排除言動
組織やセルからの追い出し:あの人はおかしい。みんな相手にしていない。よくわからないので困っている
2、確認ミス
これらの話を受けた人は、当人に直接確認や周辺検証することなく其の情報を諸手を上げるがごとく信じ込み「信頼共有」
その人を相手にしないなどセルから追い出そうとするところから始まっています。
3、特徴
情報を発信する人「告げ口をする人」と情報を受ける人の間に長年の信頼関係の存在が特徴となります。このため情報を聞く人をして冷静な比較検証を失わせ、相互に同調しあう負の依存関係が成立します。

これを米国精神医学会DSM-5にあてはめると依存性パーソナル障害に近似します。最も危惧されることは、あまりにも日常的なために
情報を受ける人は、これを正しいと信じ、内心世界に過度な警戒感を喚起。情報発信者と共同し、取りあえずじゃ相手にしないという噂を蔓延させます。更に根拠なくして、その様な話が立つ筈がない「いわゆる火のないところに煙はたたず」の慣習が自らの病識をあたりまえと肯定するため、却って非常に危険な状態を招きかねません。思い当たる方は至急受診をお勧め申し上げます。

日記一覧へ


  • Page Top