一言日記 心の医者が読み解く今日の世相

  • メンタルヘルスってなに?
  • ハラスメントと心の痛み
  • 当院の救急措置
  • 当院の検査
  • ご注意とお願い

患者の気持ち 3分でかかりつけ医を探せて相談もできる

Doctor's Fileに今井院長が紹介されました

連携医療機関:国立精神・神経医療研究センター


Psy.MD

Rika Imai M/DR介

院長の声 : 精神神経学、内科学の専門家/離島診療では、お年寄りのお身体を。欧米人の集まる海外病院では邦人救護や本国搬送にも従事。女性特有の鋭敏な透察力に加え、問診とあわせた生化学検査や心理検査をモットーに今まで参りました。メンタル症状で長年服薬していた方を診察したら身体症状が原因だった。そんな過誤を防ぐためにも大変重要です。
私共は、相談者様の心の声を綜合医学的な視点から拝聴。いわば、総合医学と精神世界の融合といった、新進医学の発展を志しています。

● 相談者様への投薬 : ケミカル的医薬品と漢方の和漢一致を生かす一方、身体生理に根ざした療法も積極的に取り入れています。お薬に抵抗のある方も、ぜひご相談ください。また、他科とも緊密連携を保ち、疾病因子への直接アプローチが私のモットーです。

● 座右の言葉 : 如何なさいましたか?何かお手伝いできますか?

Akihira KO ph/Dr

理事長 : 精神心理学、司法精神の専門家。都市安全や多文化共生にも独自のエビデンスを構築。いわゆるメンタルクリニックがソーシャルクリニックへと変遷しつつある世相を注目。心の相談に身体症状の両面を踏まえた新鋭的観察を得意とする。また、脳波/MRI/CT/光トポグラフィー/生化学検査を重視。PTSDを初めとする心因性リバウンドには麻酔インタビューなどを積極的に取り入れるなど顕著な実績を重ねている。救命救急の専門として20余年に渡る海外病院勤務と僻地災害救援も数多く、其の経験から得たの飛躍的アドバイスにより、苦悩から解放された人は数知れない。座右の言葉に、肩書きや信頼は治療の代表に非ず、一切は現場と面前の事実のみ⇔外国反社会勢力の影響にみる予防司法のための精神心理 2016年10月08日著.EU Fuail disaster 組織命令負荷と相互ハラスメントの循環は脳電位相の異常から(内部著書 非公開)
●理事長面談 精神心理検査や保護案件、鑑定証言、医療保護法執行などの特殊対応を専らとするため、直接理事長指定の対応はできません。必ず保健医の診察を受け其の必要性の指示を得てください。

特徴 : 院長、理事長とも外国人専門病院の勤務経験者。邦人救護では数多くの経験をもつ。



  • Page Top