一言日記 心の医者が読み解く今日の世相

  • メンタルヘルスってなに?
  • ハラスメントと心の痛み
  • 当院の救急措置
  • 当院の検査
  • ご注意とお願い

患者の気持ち 3分でかかりつけ医を探せて相談もできる

Doctor's Fileに今井院長が紹介されました

連携医療機関:国立精神・神経医療研究センター


ハラスメントと心の痛み

貴方を解き放つ五つのどうぞ:

◎せっとく:
どうぞ、説得はやめてください。確かに私は納得するでしょう。ただ、決して心服したわけじゃありません。貴方や周りの空気にあわせているだけなのです。
◎おしつけ:
私はそれをやりたくない。今、生活のために貴方にあわせるだけで精一杯なのです。
◎へりくつ:
どうぞ屁理屈だというのはやめてください。それは、私の理屈に答えられない貴方を露呈しているにすぎないからです。
◎がんばれ:
どうぞ励ますのはやめて下さい。私は私を代表します。決して貴方の意思を代表しません
◎おもいやり:
どうぞ、思いやりを求めるのはやめてください。それに答えられない私は、窮地に立たされます。

現代に病む三つのハラスメント

1. パワーハラスメント

高圧的・命令口調・尊大かつ威圧的表現=規則への服従・従順・協調を殊更に主張し。これに抗議すると、大勢が呼びかけあい集団結社して貴方に要求の服従を求め指示に従わないと益々貴方への攻撃を強めてくる共感呼応型ヒステリーの特徴と言えます。
※亜種=複数の人による悪意の情報共有、貴方の主張を毅然と拒否話や思考余地を与えない(例=組織団体や無根拠秩序の服従と強制。貴方が否定すれば、貴方の上部関係者にクレームを提唱、貴方の情報を得ては孤立させようと策動します

2. セクシャルハラスメント

触れる・肩を抱く・不快な話・酒席や個室での陰湿な行為等々⇔露骨な性描写を表現し、冗談に置き換えることで周囲の認知を得ようとします。執拗なラインや面会を強要を受けた場合、思わぬ事件に発展する可能性も高く、至急当院にご相談ください。医療機関はこのような事象を認めた場合。治療とあわせ必要な保護を担います。

3. モラルハラスメント

信頼、信用、常識、みんなそうしている、地域の規則に従えなど、いわゆる常識を盾に掲げ、過度な協調を求める行為です。貴方は、生きて行くため、自らを押し殺し、迎合の積み重ねの毎日となるでしょう。秩序の強要が受忍容量(キャパ)を超えると思わぬ事件に発展させかねません。直ぐご相談されて下さい。最初のガス抜きが一番大切です。
秩序はハラスメントに置き換えられ、容易に周囲の歓迎を得られる危険をぜひ知ってください。通り魔や意味不明の襲撃はこのガス抜きが出来なかった人の最後の叫びなのです。
●ご理解のお願い:ハラスメント解釈は、当院の判断権となります。医学介入や保護介入が必要と判断した場合、適正かつ妥当な範囲で厳しくこれに臨みます※ハラスメントは行為性障害に属し医学的疾病名称でないため、診断書や診療録の記載は出きません。但し、陳述聞き取りや調書をして裁判所に人身保護請求(接近禁止等)や被害届をお勧めする場合がございます。


怖いことですね

日を追って複雑化する社会は、様々なハラスメントを生み出しました。なに弱気になっているみんなやっている・お前は何もできない・俺はよく知っている・できないでは困るこの様な言葉に、貴方は躊躇し、自分は服従すべきだとした順応化が働き、やがて正常な判断と反論の余地すら奪い、それは、後輩や子供へと引き継がれるでしょう。さて、わが国も手をこまねいているわけではありません。国のハラスメント対策は急ピッチで進んでいます。然し、一般社会では、やはり地域性(社則・隣近所・常識を強調する傾向が強く、貴方を守る法律も窓の外に追いやられます。もしかして?と思い当たる方。どうぞ些細なことでも結構です。至急ご相談ください。



  • Page Top