港区 白金高輪の心療内科・精神科|白金メンタルクリニックよりハラスメントと心の痛みについて

白金メンタルクリニック

一言日記 心の医者が読み解く今日の世相

  • メンタルヘルスってなに?
  • ハラスメントと心の痛み
  • 当院の救急措置
  • 当院の検査
  • ご注意とお願い

患者の気持ち 3分でかかりつけ医を探せて相談もできる

Doctor's Fileに今井院長が紹介されました

連携医療機関:国立精神・神経医療研究センター


ハラスメントと心の痛み

貴方を解き放つ五つのどうぞ:

◎せっとく:
どうぞ、説得はやめてください。確かに私は納得するでしょう。ただ、決して心服したわけじゃありません。貴方や周りの空気にあわせているだけなのです。
◎おしつけ:
どうぞ、もうやめてください。私はそれをやりたくない。今、貴方にあわせるだけで精一杯なのです。
◎へりくつ:
どうぞ屁理屈だというのはやめてください。それは、貴方が、私の理屈に答えられないことを晒しているからにすぎないからです。
◎がんばれ:
どうぞ頑張れと言うのはやめて下さい。私は私を代表します。決して貴方の思いやスタイルを代表しません。
◎おもいやり:
どうぞ、思いやりを薦めるのはやめてください。思いやりに答えられない私は、窮地に立たされてしまうからです。

現代に病む三つのハラスメント

1. パワーハラスメント

高圧的・命令口調・尊大かつ威圧的表現=服従・従順・協調を主張し。貴方を支配することに其の特徴をみます。いま流行のブラックは正に其の典型でしょう。
※亜種=複数の人が取り囲み、毅然とした態度で貴方を拒否相手に話の余地を与えない(例=組織団体の権益保護。貴方への否定は、全体秩序への担保置き換えなのです)

2. セクシャルハラスメント

触れる・肩を抱く・不快な話・酒席や個室での陰湿な行為等々⇔冗談を前提に、露骨な性描写を具現することを特徴とします。相手の空気も読めず、電話やラインで自分の気持ちを訴えつづけ、面会を強要したり、罵ったり。いずれも、未成熟なストーカでしかすぎません。セクシャルハラスメントが其の内心世界の基本です。

3. モラルハラスメント

信頼、信用、モラル、道徳・正論を用い、人をして歓迎者を募り、貴方を窮地に追いやる行為。 ※特徴は社会が歓迎する言葉です:貴方に対し服従の工具として用いられます。説示が明晰であればあるほど、貴方は応じざるを得なくなり、却って悲観と怒りを溜めるでしょう。やがて爆発した憤怒は、貴方をイジメた方へのお掃除となって祓われてしまいます。いずれにしても、直ぐに相談されて下さい。初めのガス抜きは本当に大切です。今の不満からの脱皮は、貴方自身の勇気と賭けにあるのです。
※もし、相談できない:そんな必要ないと思うあなた=それは貴方の自尊心と嫌悪感が、初々しく澄んだ心に、雲をかけたことによります。これは、百害あって一利なし。みんなそうしている貴方に服従求めるうちは、こうだから!貴方は仕方なく自分の心を殺して迎合するでしょう。もう、ここしか場所がないので逃げられない。さて、人としてこれほど筆舌に尽くし難い苦しみはありません。また、運営される方の立場に立って見れば、非常な不効率を生み、体調不良の方が続出します。


怖いことですね

日を追って複雑化する社会は、様々なハラスメントを生み出しました。なに弱気になっているみんなやっている・お前は何もできない・俺はよく知っている・できないでは困るこの様な言葉に、貴方は躊躇し、自分は服従すべきだとした順応化が働き、やがて正常な判断と反論の余地すら奪い、後輩や子供に同じ事を引き継ぐでしょう。さて、わが国も手をこまねいているわけではありません。国のハラスメント対策は急ピッチで進んでいます。然し、文化・習俗・常識や内規と相克するモラルハラスメントだけが治外法権となって、誰も積極的に手をつけません。もしかして?と思い当たる方。どうぞ些細なことでも結構です。至急ご相談ください。一刻も早くガスを抜く。そして、新たな対応と心の持ち方を作り上げる。早期発見、早期対応こそ、自信回復の近道なのです。



  • Page Top